オーストリア・ザルツブルクはクリスマスソング「きよしこの夜」の生誕地!OPENしたばかりのミュージアムやチャペルを見学♪

オーストリア・ザルツブルク旅♪

ちょうど旅したのが

2016年12月上旬。

イルミネーションが輝き

クリスマスマーケットなど

華やいだ雰囲気でルンルン♪

「思わずクリスマスソングを

口ずさんでしまうわぁ~!(´艸`*)」

なんて思っていたら

な、な、な、何と!(*゚Д゚)

クリスマスソングの名曲♪

「きよしこの夜」が生まれたのは

オーストリア・ザルツブルクなんだって!

Silent Night Museum

オーベンドルフ村にある

2016年11月に

NEW OPENしたばかりの

ミュージアム。

入り口すぐの売店。

こじんまりとしているけれど

オルゴールやポストカードなど

記念になる物が沢山♪(*’▽’)

入場料を支払い見学スタート♡
 
真新しいミュージアム。

当時の歴史や楽譜の展示など

ゆっくり見て回りたい内容。

階段を上がって♪

ザルツブルクは

昔から岩塩の取り引きで

栄えた地域としても有名。

当時は川を使って

取り引きしていたんだねぇ(‘ω’*)

岩塩を守る方のイメージ衣装も♡

大人サイズと子供サイズがあって

着ても良さそうだったよ( *´艸`)うふふ♪

記念撮影したいねぇ(笑)

ミュージアムの外に出ると

チャペルが目の前に♡

一般の方も見学可能との事で

中に入らせて頂いたよ^^

小さなチャペルは

素朴で温かみを感じる。

1818年。

教会のパイプオルガンが壊れていたので

司祭だったヨーゼフ・モールさんが

「作詞したこの曲をクリスマス・イブに

ギターの伴奏で歌えるようにして欲しい」と

教会のオルガン奏者

フランツ・クサーヴァ・グルーバーさんに

作曲を依頼したのが

「きよしこの夜」の

誕生秘話なんだってφ(..)メモメモ♡

オルガン奏者さんなのに

「ギター伴奏の曲を作曲して!」

って頼まれたの

大変だったろうなぁと

思っちゃった( *´艸`)ぶふふ!!!

だけど「みんなの為に」って想いが

クリスマスソングの

名曲につながったんだろうね♪

もちろん♪

「きよしこの夜」が生まれた場所で

「きよしこの夜」を

歌ったのであった♡(*´v`*)♡

オーストリア政府観光協会公式HPに掲載された動画