ベルギー・フランダース セールスミッション来日記念・フランドル絵画講演会&「大エルミタージュ美術館」展鑑賞会へ♪

2018年~2020年、

ベルギー・フランダースでは

フランドル絵画年を

迎えるんだって!\(^▽^*)/

フランダースの巨匠たち

と題して☆

ベルギー・フランダースが

輩出した15世紀から17世紀の

絵画の巨匠ルーベンス、

ブリューゲル、

ファン・エイクを取り上げ

フランドル絵画の

巨匠たちの作品と

現代にまで続く

その影響を探るイベントが

数多く行われるんだよ☆

前年となる2017年から

徐々に盛り上がっていく

特別年なんだね^^

日本でも

フランドル絵画年に

向けてのイベントが

開催されたよ♡(*^0^*)
 
会場は眺め最高!

六本木ヒルズクラブ

日本でのブリューゲル研究の

第一人者である

明治大学名誉教授の

森洋子先生から、

「バロック美術の巨匠

ルーベンスと同時代の画家たち

―世界に文化を発信したアントワープの黄金時代より―」

と題し、ルーベンスを中心とした

同時代の画家たちについて

講演をして頂いたよ☆

バロックの巨匠として知られる

ルーベンスが活躍した町が

アントワープなんだねφ(..)メモメモ♡
 
ルーベンスの生い立ちから

丁寧に説明してくださったよ。

おかげで知識皆無のmaiにも

分かり易かった~(*´▽`*)えへへ♡

宮廷画家として

活躍されていたんだねぇ☆

森先生は六本木ヒルズの

森アーツセンターギャラリーで

会期中の「大エルミタージュ美術館オールドマスター西洋絵画の巨匠たち」展に

展示されている作品についても

解説してくださったよ。

写真左がルーベンスの

オリジナルの絵!

絵の依頼者の方に

「下絵」として

見せる物なんだって。

ほっほぅ(*´▽`*)

写真右がワークショップによって

色付けされた作品。

「今回はこちらの下絵も

展示されています。

サイズが小さめだけれど

元々の絵を見る機会は

とても珍しいので

是非ご注目ください」と

教えてくださったよ。

貴重なんだねぇ~♡( ;∀;)

「ルーベンスの家」

うっわぁ~!

オシャレ~~~♡(*ノωノ)

アトリエもあり、

外国の貴族の方も

訪ねてきたんだって!(*’ω’*)

現在はミュージアムになっているそうで、

実際に行ってみたくなっちゃった♪(笑)
 
またブリューゲルについても

代表作と共に解説してくださったよ。

スケートを楽しむ冬景色の絵には

「鳥罠」が人生の落とし穴の

象徴として描かれていたり、

遠くにアントワープの

景観が描かれているんだって☆

ブリューゲルの次男は

ルーベンスの親友で

共同制作も少なくないそう。

当時の画家同士が

仲良しだってお話や、

父親の作品の影響を

しっかりと受けている

とのお話にも何だか

ホッコリしちゃった♪( *´艸`)
   
 
他の画家についてや

展示されている作品についての解説を

参考資料と共に詳しく

教えてくださったよ☆

ルーベンスは結婚を2回して、

娘さんや奥さんを

モデルに良くしていたとか

ルーベンスの息子さんは

クレバーだ、とか(笑)

1つ1つのエピソードが

楽しかったなぁ~(*^▽^*)

中でもmaiのお気に入りは♪

テニール2世の作品!

男性バージョンの

「牧童」と☆

女性バージョンの

「牧童の娘」があって、

森先生は

「この2つの作品には

繋がりを感じる」との事で

こんな風に見せてくださったよ^^

わぉ~!

隣り合わせてみると

本当に繋がりを感じる!!!|д゚*)

幸せそうな2人だね(^v^*)

あっという間の講演会。

もっともっとお話を

聴いていたかったよ♡

講演会の後は

フランドル絵画も

展示されている☆

大エルミタージュ美術館オールドマスター西洋絵画の巨匠たち」展へ♪

ロシアのサンクトペテルブルクにある

エルミタージュ美術館の

創立は1764年、

エカテリーナ2世が収集した

美術品を親しい人に

見せる場所を作り、

そこを「エルミタージュ」

と呼んだんだってφ(..)メモメモ♡

ちなみに「エルミタージュ」は

フランス語で

「隠れ家」の意味!

うふふ♪

内緒の隠れ家に

お邪魔しちゃった気分( *´艸`)

フォトスポットもあったよ^^

チェブラーシカ可愛い♡

フランドル絵画の

巨匠たちの作品を

森先生に教えて頂いた

ポイントを意識しながら

観賞するのが凄~~~く新鮮だった!

講演会場に戻ると

駐日ベルギー大使

ギュンテル・スレーワーゲン閣下から

挨拶が(^-^*)

「2016年には日本とベルギーは

外交関係を樹立してから150周年を迎えました。

ベルギーと日本の繋がりは強く、

特に皇室とベルギー王室との友好関係があります。

ベルギーに居る日本人は5千人程で、

日本企業も多く信頼関係が築けているのだと

嬉しく思います」とおっしゃってくださったよ♡

ベルギー・フランダースの

セールスミッションの方々☆

人気のホテルやレストランなど

訪れてみたい所ばかり♪

「ベルギーにはチョコレート、ビール、ムール貝、ダイヤと

素晴らしい物が沢山ありますのでぜひ訪れてください」と

素敵な情報を伝えてくださったよ。

中でもmaiが気になったのは

ダイヤ(*´ω`*)キュピーン☆

も、あるけれど!!!(笑)

美味しいビール&

ワイナリーもあるってお話♪

後、ファッションφ(..)メモメモ♡

実際に町巡りをして

感性をビシバシ刺激したいなぁ♪

交流会ではみんなで乾杯~♪

豪華なお料理の数々が出たよ。

ムール貝、うま味の出汁たっぷりで

美味しかった♡(*´v`*)

スイーツも美味しい!

イベントに参加させて頂いて

改めてルーベンスたちが暮らした、

生きた町に当時の様子を想いながら

旅してみたいと思えたよ^^

美食プラス巨匠たちを訪ねる旅☆

2018年~2020年、

フランドル絵画年を迎える

ベルギー・フランダースから目が離せないね♪

Comments are closed.