何度も観たくなる!ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced byTBSを観劇♪


東京・豊洲に

2017年3月に

OPENした劇場

IHIステージアラウンド東京」で

公演されていた

大評判の

『髑髏城の七人』Season風」を

観劇させて頂いたよ☆

鳥肌が立つ程、

素晴らしい舞台だった~!!!(>▽<*)

劇団☆新感線の代表作

『髑髏城の七人』

1990年に初演。

それ以来、7年ごとに

再演を重ねてきた

常に第一線の

人気を博す舞台なんだよね( ..)φメモメモ。

今年はOPENしたばかりの

IHIステージアラウンド東京」を

舞台に☆

「花・鳥・風・月・極」と

シーズンを分けたそう。

特徴は☆

キャストはもちろん、

大胆に脚本・演出を

変化させながら

公演していくんだって☆

その第3弾が

「『髑髏城の七人』Season風」ってわけ♪

会場では最新の3Dプリントの技術を使い

松山ケンイチさん人形などが

展示されていたよ。

今回、俳優の松山ケンイチ氏が

一人二役を演じる事から

公演前から、

話題になっていたよねぇ(*´ω`*)

IHIステージアラウンド東京」は

中心に巨大な円形の

観客席を配置していて、

周囲を取り囲む360度全てに

展開されるステージなのが特長。

つまり☆

観客席自体がクルクルと

回転するって事!

もう今まで味わった事がない位の

新感覚だったよぉ(*ノωノ)

映像、音楽、照明などが

動く舞台と見事に融合していて

躍動感や自然な場面転換が

完成されていた(`ω`*)

考えた人、作った人、

天才かっ(*´з`)ちゅぅ~♡(笑)

私は今回、初観劇だったけれど

1人1人の個性が輝いていて、

どの役の人も大好きになったよ☆

人間らしさを感じるんだもん♪

物語は笑いはもちろん

愛や友情、師弟の絆など

泣ける部分が沢山。

苦悩、ジレンマ、恐怖など・・・

それらを乗り越える力など

メッセージ性溢れる

脚本も凄く素晴らしい。

大切なのは自身と向き合う事。

ご一緒した方がシーズン全て

観ている強者だったので(笑)

「前回はここが違っていた」

「あの時はああだった」

「これはこういう伏線がある」と

教えてもらえたのも

と~っても楽しかったなぁ!(≧▽≦*)

シーズンのどれが1番だったかと

勝敗を決めるのではなく、

どれも素晴らしい。

違いが楽しい。

生き物だと感じさせる

舞台なんだろうな♪

次に公演される

『髑髏城の七人』Season月」も

必ず観たいっ♡

そう言いきれる程、

何度も観たくなる

魅力に溢れている。

うふふ!(*´艸`*)

元々舞台が

大好きな人はもちろん、

馴染みが無い人にも

楽しめる作品だと思う。

改めて

劇団☆新感線って本当にスゴイ。

うぅ~ん♪

演劇部の血がよみがえったなぁ。

↑ 中高演劇部員なmai(笑)

情熱の風を起こさせてもらった。

素晴らしい

1日だったよ♡(#^.^#)

良い舞台、大大大好き~~~!!!