2018年も素晴らしいスタート♪

あけましておめでとうございます!

2018年も自分らしく

愛と感謝を込めて

生き生きと過ごすぞぉ~♪\(*^▽^*)/

実家でのお正月☆

ふふふ。

大家族には定番(!?)の

手巻き寿司(*´▽`*)

自由度が魅力!(笑)

じゃぁ~ん♡

おせちもあるけど

お肉や海老フライなど

ガンガン食べる系がメーン♪( *´艸`)

あぁ、2018年を迎えられて

本当に幸せ。

思い返せば、

2016年秋頃。

元々、心臓の病がある母親に

医師からの余命宣告。

東京の大きな病院まで

田舎から出てきた母と父。

末っ子の私が

一緒に病院へ行く担当になった。

余命宣告をされても、

手術が難しいと話をされても

私は泣かなかった。

絶対大丈夫だと思った。

その後、病院での

何十時間にも及ぶ手術の末、

手術は無事成功。

だけど意識が戻らない。

生死の境をさまよう母。

その時も泣かなかった。

手術から一週間後。

無事、意識が回復。

あの時は仕事が大事だと

県外に海外にと

取材に飛び回っていたなぁ。

2017年秋。

余命宣告から1年。

母は元気いっぱい!

快復ではないけれど

回復したのだ。

ある日、

余命宣告を受けた

病院の最寄り駅に

ふと立ち寄る機会があった。

普段、利用しないその駅には

余命宣告以来、

降り立っていなかった。

駅に着いた瞬間、

涙が溢れた。

障害者一級で

介護が必要だけれど

心、元気に生きてくれている母。

一緒に過ごせる事が本当に嬉しい。

他愛もない話をする事が

本当に幸せな事なんだと実感した。

・・・。

2017年冬。

母の容態が悪化。

また入院。

何度も何度も精密検査。

せっかく元気になって

旅行も楽しめるようになったのに・・・。

ただただ苦しかった。

50代の母。

30代の私。

親が老いる事や

親の死を背中に感じるには

まだ早過ぎるよと思ってしまった。

何度も何度も何度も何度も手術が必要な母の身体。

また手術が決まった。

尊敬している素晴らしい企業から

新しい仕事の依頼も舞い込んだ。

だけどお断りした。

母を選んだ。

苦しかったけれど泣かなかった。

2017年の年末。

母の手術は無事、成功!

なんと退院する事も出来た。

年越しは自宅で

ワイワイと賑やかに過ごす事が出来た。

改めて、あけましておめでとう!

まだまだ病院には片道2時間近くかけて

週に1度は通わなくちゃいけないけれど、

親と過ごせる事に感謝。

もっともっともっと甘えてほしい。

もっともっともっと長生きしてほしい。

人生は不思議で人生は面白い!

2018年も素晴らしいスタート☆☆☆

(* ^ω^)・・・じぃ。

ここまで読んじゃった人、

大ファンかぁ~!!!(笑)

ふふふ。

嬉しい。

本当にありがとうございます。

プライベートの

悲しいとか苦しい事は

普段書かないけど、

今回は嬉しさに溢れたので

書いちゃった♪(笑)

長い間、お休みしてごめんなさい。

これからは

母に寄り添いつつ

またブログ、

マイペースに

更新しま~ちゅ♪(*´з`)

Comments are closed.